ナチュラルミネラルウォーターとは?

「ミネラルウォーター」と聞くとみんな同じ天然水だ!という誤解をしていますか?そのお水本当にミネラルが入っていますでしょうか。

少々無駄に煽り気味の言葉から入ってしまいましたがこんにちは。水オタクの水野と申します。みずのんって呼んでくださいね。

ミネラルウォーターって農林水産省が定義づけしていて、かなり奥が深いんです。天然水、ミネラルウォーターを選ぶ時に覚えておいてほしいのは、ナチュラルミネラルウォーターがおすすめですよ。ということ。

何それ?って声がさっそく聞こえてきたのでミネラルウォーターの分類を解説していきます。

ミネラルウォーターには4種類ある!一番良いのは?

実はミネラルウォーターには4種類のわかりやすい定義づけがあります。

ナチュラルミネラルウォーター

特定の水源から採水された地下水に、加熱処理を行っていないが雑菌処理はなんらかな方法で行っている。特定の天然水で人口的な処理を加えていない。

ミネラルの豊富さで選ぶならこれが一番良いでしょう。

ナチュラルウォーター

殺菌処理等は行わない天然水を詰め込んだ水。加工の仕方はナチュラルミネラルウォーターと同じだが、ミネラルの基準がナチュラルミネラルより低い水準。

ミネラルウォーター

一定の基準をクリアした天然水で濾過、熱処理など様々な方法で雑菌処理が行われる。ようやくでてきたミネラルウォーターさんですが、上記2つと比べるとミネラルが少なくても名乗れる名前です。コンビニでうっているミネラルウォーターがこれに当たることが多いですが、たっぷりとミネラル配合されているものもあるので、ナチュラルじゃないから駄目って事もありません。

ボトルドウォーター

雑菌を取り除くというコンセプトが中心で熱処理、RO膜処理などが行われた水。ほぼミネラルが含まれていません。RO水、ピュアウォーターなどいう名前で販売もされています。このお水はミネラルが入っていないから駄目ってことではなく、こういうお水もあるんだよって解釈のほうが良いかなと思います。

日本の法律では熱処理なのか科学的技術なのか色々な雑菌処理の方法がある中でどれかを利用して雑菌処理しないといけないという法律が存在します。安全第一ですからね。私は賛成です。海外のお水事情は少し異なり、ヨーロッパでは逆に殺菌処理をしてはいけない。というルールもあるのでこれはお国柄といえますね。

日本の水はヨーロッパと比べるとそもそもが軟水なので向上した技術力があればそこまで採水した水からミネラルが失効されることはない気がします。特にナチュラルミネラルウォーターの成分表をみると、やはり他のミネラルウォーターと比べると群を抜いた数値になっています。日本の水はほぼ軟水ですが、中硬水というレベルで市販で売られているのがあるのですが、これもナチュラルミネラルウォーターでした。

ミネラル豊富の水なら非加熱ウォーターサーバーを選びましょう!

ミネラルが失われる雑菌処理の方法としてはROなどがありますが、熱処理も残念ながらミネラルを失ってしまいます。

だからウォーターサーバー選び中に本格的な水を飲みたい場合の注目のキーワードは「非加熱処理」の水という言葉。この言葉を使っている水であればミネラルが豊富の可能性が高いです。

RO膜処理してたらミネラルがゼロなのでこういう文言を使っているところはほぼいないと思われます。ウォーターサーバー ランキングなどから探してみると簡単に見つかると思いますよ。

そういえば、昔からよく水道水は一回沸騰させて冷ましたら雑菌とかできるっていうじゃないですか。あれもあながち間違ってませんよね。

昔の人はすごいなあと。

COPYRIGHT© ナチュラルミネラルウォーターとは? ALL RIGHTS RESERVED.